休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

探検シリーズ:電線のない電柱。里山と戦車橋を求めて。

f:id:cb125250zzr250:20190203195604j:image

昨日の続き、第2部となります。

f:id:cb125250zzr250:20190203195446j:image

こいつがお目当ての道だ!!今回の目的地小机林道は通り抜けできるようになっており、本来反対側からアプローチしたかったが、先月まで崩落のため人も車輌も通行不可だった!!!なお反対側の崩落封鎖区域は今回帰り道で横を通ったが、開通していたので安心してほしい。そちら側からならバイクで来れる可能性がある、、私はまだ通っていないのでどこまで通行できるかは未知である。そちらは老人ホームの脇を通る道となる。

封鎖されていると思っていたため、今回は通り抜けた先をGoogleマップで調べ今回の道にたどり着いた、という訳だ!

昨日のスポットは、その道を探す過程で迷い飲んだ道でした。意外とわかりにくい!しかし目印もあったぞ。あきる野市の某所。横沢入里山保全地域と調べたほうが情報がおおいかもしれない。

f:id:cb125250zzr250:20190203204448j:image

龍性寺の看板が目印だ!民家の横を通るので爆音は絶対NG!静かに通ろう!
f:id:cb125250zzr250:20190203195451j:image

道は踏み固められており、走りやすい。石などもなく、かなり走りやすい部類だ!楽しい!久しぶりの林道だ!!凍結も雪もないぞ
f:id:cb125250zzr250:20190203195549j:image

と思っていたらまさかの通せんぼ!!もう通行不可か!!!昔の雑誌を頼りにしてきたが、やはり時代は流れてるな、、もう通り抜けはできない道と思っておいてほしい!
f:id:cb125250zzr250:20190203195554j:image

反対側には怪しげな柵が、、

f:id:cb125250zzr250:20190203203645j:image

中を覗き込んだが、特に何もない。

f:id:cb125250zzr250:20190203203728j:image

バイクとはここでお別れだ!

徒歩散策に切り替えよう。f:id:cb125250zzr250:20190203203733j:image

あきる野市の横沢入里山保全区域。みんなの里山大事にしていこう。

f:id:cb125250zzr250:20190203204632j:image

反対側には建築関係の建物?潜入ミッションに出てきそうな所だ、、メタルギアソリッド、、

f:id:cb125250zzr250:20190203195441j:image

寂しげな道だ。
f:id:cb125250zzr250:20190203195435j:image
f:id:cb125250zzr250:20190203195533j:image

分かりにくいが分岐点だ。どちらを進もうか、、
f:id:cb125250zzr250:20190203195524j:image

まずは右の分岐から行こう。細い道

f:id:cb125250zzr250:20190203203921j:image

結構きつい上り坂だ、、はあはあ
f:id:cb125250zzr250:20190203195507j:image

どんどん暗くなる、ふと上を見ると木に囲い込まれていた。
f:id:cb125250zzr250:20190203195456j:image

結局行き止まりだったので、引き返すことに。
f:id:cb125250zzr250:20190203195545j:image

今度は左の分岐だ。ナニカミエルゾ
f:id:cb125250zzr250:20190203195517j:image

電柱か、、と思ったが感じる違和感

こいつ電線がない!!!
f:id:cb125250zzr250:20190203195501j:image

周りを見渡してもこの電柱以外に電柱は立っていなかった、、、いきなりポツンと佇んでいる電柱、、不気味だ、、
f:id:cb125250zzr250:20190203195513j:image

遺構だ!!通常なら石かと思うが!私の目はこの遺構に着いた金具を見逃さなかった!

f:id:cb125250zzr250:20190203205153j:image

何だろうか、この金具は。杭のようなものが撃ち込まれている。杭のようなものはさびているな。なんの役割があったのだろうか、、

f:id:cb125250zzr250:20190203195430j:image

まさかこれ、昔の電柱の一部か?!!なんだか電柱の先端の頭に見えてきた、、ほかに探したがパーツはなさそうだ、、遺構はなんだったのか、妄想するのも楽しい。特に刻印などはない。先端はごつごつしていた、苔もある。

いま立っている電柱は新しめなのに電線がないし、謎だ!周りにもない!
f:id:cb125250zzr250:20190203195715j:image

土管の橋。かなりしっかりとしている。今回の目的地は戦車橋というものだ。果たして残っているのだろうか。
f:id:cb125250zzr250:20190203195708j:image

一部穴が空いており、味がある。しかしこれはただの土管だ!
f:id:cb125250zzr250:20190203195703j:image

非常に寂しい道だ!!世界にまるで1人になったかのような感覚になる、、

 

まだまだ続く。

第3部に続く、、、