休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

倉沢鍾乳洞を求めて倉沢林道探検。魚留橋は崩落!トリッカー林道。

この日はトリッカー2台で林道へ探検に行った。

奥多摩にある倉沢鍾乳洞を見に行きたかったのだ。

約1.5km近くの洞内は入り組んでいるようで地底湖もあるそうだ。

1970〜1980年代頃は今よりいろんな意味でゆるく、入洞できたりしたみたい。

観光地化もされていた年代。

登山記録なども見たが1950年代の記録をつけている人がいて驚いた。白黒写真....

その後閉鎖され、様々な噂、オカルトからカルトまで囁かれる怪しい洞窟。

古銭も見つかったり歴史的にも価値があり、霊場としても有名だったとか。

また倉沢鍾乳洞は上層部にさらに未知の部分も存在するようだ....

ここまで書いて好奇心を煽っておいてなんだが、1990年代には完全に規制されているようでこの日も入れるとは初めから思っていないのだが安全に行けるところまでは行ってみたい。

そんな気持ちで出発した。

そんな訳で全く入洞していないので内部の画像などは一切ありません。

期待させてごめんね....

f:id:cb125250zzr250:20200212162100j:image

ちなみに前々日くらいに事故って吹っ飛んだのだが週末普通に遊びに行った。

もちろん自分でできる箇所はある程度直した。

後日バイク屋にてオーバーホール含め修理をお願いしたのだが衝撃によるガソリンにじみでパッキン類の交換程度で済んだ。

トリッカー頑丈すぎ...
f:id:cb125250zzr250:20200212162049j:image

倉沢林道に到着。
f:id:cb125250zzr250:20200212162115j:image

邪魔にならないところに少しの間停めて出発。

 

鍾乳洞跡地を探し求めた。
f:id:cb125250zzr250:20200212162045j:image

人口物発見!!!怪しいぞ!!

見たところ昔キャンプをしたであろう痕跡などが残されていた。

実は倉沢林道には何回も来ているのだがここに来るのは初めて。

ちょっと迷った。

前回なんか全く関係ない奥地まで歩いて行ってしまって大変だった。

それもいつか書きます。

f:id:cb125250zzr250:20200212162035j:image

川のほうに降りると橋の跡地のような構造物が。

f:id:cb125250zzr250:20200212162039j:image

うーん近くで見ると完全に人口物とわかる。
f:id:cb125250zzr250:20200212162105j:image

慎重に脇から降りていく。
f:id:cb125250zzr250:20200212162127j:image

よく見ると道になっていることがわかる。

f:id:cb125250zzr250:20200212162254j:image

ちなみに川はジャンプした。

その後道なりに山道を進むと....

f:id:cb125250zzr250:20200212162302j:image

規制された入り口までたどり着いた。

残念ながらここまでのようだ。

調べたところこの後さらに山道が続き鉄格子のフェンスが現れ完全規制といったところか....

危ないので近寄らないようにしよう。
f:id:cb125250zzr250:20200212162123j:image

仕方がないのでここで一休みする。

人気もなく最高だ。

ふと後ろを見ると....
f:id:cb125250zzr250:20200212162016j:image

洞窟........?
f:id:cb125250zzr250:20200212162019j:image

なんて思って覗き込んだがすぐに終点となった。

ここから入れるのかと一瞬胸がドキドキしてしまった。

 

魚留橋は崩落していた。

その後林道に戻り終点まで走ったのだが....なんと橋が....。

※この記事の写真は全て数年前のものです。
f:id:cb125250zzr250:20200212162029j:image

なんてことだ。魚留橋が完全に終わってる....

昔はほんの拳ほどの穴だったのにそれが広がってここまでになってしまったのか!!!!

驚きを隠せない。

f:id:cb125250zzr250:20200212162056j:image

少しずつ川に流れていってしまったのだろう。

あそこの角かな?
f:id:cb125250zzr250:20200212162011j:image

スゴイ....
f:id:cb125250zzr250:20200212162111j:image

人と比べるとこんな感じ。

f:id:cb125250zzr250:20200212162006j:image

これはとんでもない。
f:id:cb125250zzr250:20200212162023j:image

橋のこんなところ絶対見れないから鑑賞しておこう。

未だにこのままなのか、さらに穴が広がっているかは定かではない。
f:id:cb125250zzr250:20200212162119j:image

崩落したガードレール。

昔ここは車も通っていたのでしょう。
f:id:cb125250zzr250:20200212162135j:image

コンクリートは全て崩壊して崖下へ。
f:id:cb125250zzr250:20200212162132j:image

撤退しよう。

f:id:cb125250zzr250:20200212162245j:image

帰りにコイン洗車場で洗って帰宅。

鍾乳洞は残念だけど魚留橋の崩落が見られた。

 

おわり