休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

グルグル渦巻くドラゴン橋!府中本町跨線橋を歩いてきたぞ。

今日は府中本町にあるうずまき跨線橋(こせんきょう)を見に行くぞ。

本町商店会

府中本町の北側にある商店会。

f:id:cb125250zzr250:20200817191212j:image

ここは買い物ではなく飲食店がメインの通りだ。この日は深夜1〜2時?頃向かったのでお店はやっていないが夕方は結構賑わっている。

競馬場帰りのお父さんや大国魂神社参拝者がご飯を食べに行くようなところ。
f:id:cb125250zzr250:20200817190955j:image

静まり返って人1人いない。

 

荒節中華にはらい


f:id:cb125250zzr250:20200817190930j:image

「荒節中華にはらい」横の自動販売機。

なんだか細長いデザインが珍しく撮ってしまった。
f:id:cb125250zzr250:20200817190901j:image

細いビルの側面にはパイプが多くスチームパンク感が出ていた。
f:id:cb125250zzr250:20200817191208j:image

ワクワクする建物だ。
f:id:cb125250zzr250:20200817190828j:image

やはり徘徊は深夜に限る....日中はなかなか雰囲気出ないし人目があってじっくり見れない。
f:id:cb125250zzr250:20200817191141j:image

ステッカー跡がある。
f:id:cb125250zzr250:20200817191130j:image

上部にある室外機。
f:id:cb125250zzr250:20200817191203j:image

にはらいさんの看板。

ニューたんたんめん

ここは何度行っても満員で中々食べられていない。
f:id:cb125250zzr250:20200817190837j:image

割と最近改装したらしいです。f:id:cb125250zzr250:20200817190917j:image

脇道も探検してみたがすぐ行き止まりになってしまった。
f:id:cb125250zzr250:20200817191136j:image

商店会とトリッカー。
f:id:cb125250zzr250:20200817191120j:image

ちょっと留守番してもらいます。

府中本町跨線橋

今回の主役はコチラ。

一見ただの歩道橋のようだが....??
f:id:cb125250zzr250:20200817191150j:image

それにしても不気味な入り口である。
f:id:cb125250zzr250:20200817190950j:image

ゴオオオオというとんでもない轟音と共に走り抜けたのは見たこともない列車!

お化け電車....ではなく貨物車。

重厚な感じの貨物車は非常に大きな音を立てて走り去っていった。

この線路は貨物車が通る線路のようだ。
f:id:cb125250zzr250:20200817190814j:image

跨線橋。線路を跨ぐ。
f:id:cb125250zzr250:20200817190938j:image

レトロモダン。

調べたのだがインターネット上では竣工時期が探せず不明だった。
f:id:cb125250zzr250:20200817191038j:image

新しいものではなさそうだが。
f:id:cb125250zzr250:20200817190958j:image

階段を上り切ると道路のようになっていた。
f:id:cb125250zzr250:20200817190809j:image

実はここ自転車に乗ったまま行き来しても良いという珍しい跨線橋

普通あまり推奨されないよね。
f:id:cb125250zzr250:20200817191043j:image

道にはしっかり仕切り線がありまるで車道。
f:id:cb125250zzr250:20200817191047j:image

南武線武蔵野線(貨物が走っていた線路)

南武線下り立川方面行き。

貨物線は全くわからない。
f:id:cb125250zzr250:20200817191100j:image

この時間は人が全くいない。
f:id:cb125250zzr250:20200817190907j:image

見える気が最初から全くないのか傷ですりガラス状になったのかは不明。

とにかく曇っている。
f:id:cb125250zzr250:20200817190823j:image

まるで車道のようなしっかりとした仕切り。

ここを自転車で通ることを想定しているタメだろう。
f:id:cb125250zzr250:20200817190833j:image

降りてみよう。
f:id:cb125250zzr250:20200817191056j:image

かなり独創的な作りだと思いませんか。

初め見たときは一体これはなんの施設かと驚きました。
f:id:cb125250zzr250:20200817191003j:image

日中は電車も行き交っているのでしょうか。
f:id:cb125250zzr250:20200817191145j:image

この時間帯はひとっこひとりいない。
f:id:cb125250zzr250:20200817190804j:image

自分がどの階層にいるのかわからなくなってくる螺旋。
f:id:cb125250zzr250:20200817190925j:image

仕切りで外がほとんど見えないからだ。
f:id:cb125250zzr250:20200817191007j:image

時折背伸びして外を見てみる。

さっきまで歩いていたところだ!
f:id:cb125250zzr250:20200817190946j:image

目が回る事はない。

自転車だと目が回りそうだ。
f:id:cb125250zzr250:20200817190752j:image

地面が近くなってきたぞ。
f:id:cb125250zzr250:20200817190842j:image

地元住人にいつからあるのかを聞きたい。
f:id:cb125250zzr250:20200817191104j:image

さっきいたところを眺めつつ降る。
f:id:cb125250zzr250:20200817190818j:image

楽しい。深夜散歩はひとがいないから。
f:id:cb125250zzr250:20200817190911j:image

この鉄骨は正直危ないかも....と思ってしまった。

凄い勢いで頭をぶつける人がいなければいいが....
f:id:cb125250zzr250:20200817191116j:image

結構危険な位置にあるのだ。
f:id:cb125250zzr250:20200817190942j:image

近くで観察できる貴重さもある。
f:id:cb125250zzr250:20200817191020j:image

ゴミが隠されるように捨てられている。
f:id:cb125250zzr250:20200817191011j:image

サビなどは特にない。
f:id:cb125250zzr250:20200817191222j:image

車が通る道路もここは変な形をしている。

眺めていると面白い。
f:id:cb125250zzr250:20200817191108j:image

蛍光灯はかなりの数点灯している。

夜通し照らし続ける。
f:id:cb125250zzr250:20200817190848j:image

無骨。
f:id:cb125250zzr250:20200817190800j:image

階層によって曇り具合が違うような?!
f:id:cb125250zzr250:20200817190934j:image

下の方がクリアだ。
f:id:cb125250zzr250:20200817191124j:image

雨樋かな。
f:id:cb125250zzr250:20200817191155j:image

謎の遺物。なにかわからないけどとても汚い....

f:id:cb125250zzr250:20200817190756j:image

こっちは透明なんだね。
f:id:cb125250zzr250:20200817191226j:image

見える見える。
f:id:cb125250zzr250:20200817191015j:image

もうそろそろおわりだ。

あっという間だった。
f:id:cb125250zzr250:20200817191113j:image

終点となる。
f:id:cb125250zzr250:20200817191051j:image

なんか物置の代わりにされているようだった。
f:id:cb125250zzr250:20200817191024j:image

多分この辺は近所に住む人の物かな....

土地の所有関係が気になるところ。
f:id:cb125250zzr250:20200817190852j:image

下から眺める。
f:id:cb125250zzr250:20200817191028j:image

荘厳。

このダンジョン感?遺跡感?たまらないです。
f:id:cb125250zzr250:20200817190856j:image

先ほどの車道。

ここも雰囲気のある道路。

しかも車が通るところをローアングルから眺められるスポットなのだ。

トラックや行き交う車を間近で見るために20分ほどずっと見てたが、運転手からしたらかなりホラーな光景かもしれない。

道路の下から覗く男....
f:id:cb125250zzr250:20200817191033j:image

下からの眺め。

町歩きの楽しさはこれだよなあ。

こんな面白いスポットがあるんだよって伝えたいですね。

f:id:cb125250zzr250:20200817191218j:image

こうしてまた深夜の散歩記録ができていく。

撮影機材

 東京府中シリーズ!

www.kanzaki3.com

www.kanzaki3.com

www.kanzaki3.com

www.kanzaki3.com

おわり