休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

【不運日記】Amazonで購入した商品が欠品状態だった話。【Amazonカスタマーセンターに問い合わせた】

f:id:cb125250zzr250:20220106220108j:image

ライトニングケーブルは何本あっても困らない。使用していると大体断線して使えなくなってしまうからね。

f:id:cb125250zzr250:20220106011118j:image

そんな訳で1.5m3本セット+0.15m1本の合計4本セットを購入しました。
f:id:cb125250zzr250:20220106011113j:image

商品説明にも間違いなく書いてある。

0.15mは短いが意外と使い勝手がいいんだよね。
f:id:cb125250zzr250:20220106011121j:image

商品が届いた!やったーー!

メイドインチャイナの文字が輝いているぜ!!
f:id:cb125250zzr250:20220106011116j:image

は?!!!

見えない一本があるみたいですわ。

こういう地味な不幸が多すぎていい加減むかついてきたのでネタにしてやります。

これからは事細かに日記にしてやろうと思いました。

我ながら2022年初っ端からなんてネガティブなんだと思いました。

まあブログに残して整理すると溜飲が下がったりするので....(....下がらねええええええくそくそくそくそくそさくそくそくそくそくそ)

 

Amazonカスタマーセンターに問い合わせた。

流石に泣き寝入りも悔しいのでAmazonカスタマーセンターに問い合わせました。

Amazon「どうしました。」

欠品でした。

Amazon「発売元はAmazonちゃうでAmazonは配送のみや。交換とか出来へんわ」

どうすればいいの?

Amazon「お客様で返品して再注文してな」

 

心の声【毎回(結構こういうことある。)思うけど足りないものだけ送ってくれればいいのに....返送する手間を考えて欲しい。そんな暇はないのでもういいやとなりました。ムカつくけどケーブル一本ぐらいくれてやるよ....】

めんどくさいからこのままでいいです。

Amazon「ちょっと待てや。いい提案があるで。」

ほお。

Amazon「お客様の方で発売元と直接交渉してや。そしたら欠品のみ送るとか対応できるかもしれへんで」

おお!連絡先と連絡方法を教えてくれ!

Amazon「以下のリンクから質問するを押して注文商品をクリック後に【その他】を2回押してな」

やってみた結果。

リンク先【Amazonカスタマーセンターに問い合わせてご確認ください。】

えっ....

頭が混乱してきた。

Amazonカスタマーセンターに問い合わせて】教えてもらったリンク先にさらに【Amazonカスタマーセンターに問い合わせて下さい】と言われているだと....

無限Amazonカスタマーセンター地獄。

月詠かな?

イタチ「これから72時間....あなたはAmazonカスタマーセンターに問い合わせ続ける........」

わい「ぐあああああああああああああああ」

 

上記の様なメッセージが出たのですが?

Amazon「こちらではできますが?(再度同じ方法を案内される)」

※これ原文のままなんだけど何でこっちが煽られなきゃいけないんだよ....って思いましたね。

その方法でできないって言ってるのに同じ方法を案内するなよ....

....もういいです。

そう言って俺はAmazonカスタマーセンターのチャットを閉じた。

引き下がったら引き止められて、その結果さらに下に突き落とされた感じですわ。

あとチャットも返事が遅すぎて上記のやりとりに30分くらいかかって本当時間の無駄感すごかった。

仮に発売元に連絡取れたとしてもこんなやり取りが数日に渡って続くと思うとゲンナリ

正直千円ちょいの商品に対してこの心理的ストレス負荷....比較したらもう別にええわ....となりました。

むしろ追加で千円払うよ。頼むからストレスをかけないで欲しい。そんな状態。

最初から泣き寝入りしとけばよかったと思った(笑)

実は年度末に頼んだ大型の棚を組み立て途中に溶接の不備があって組み立てが出来なかった事があった。

その時は日本のメーカーだったのでそのまま問い合わせたらすぐ代替品を送付してくれた(それもまあ思うところは色々あったけど....)

そんな事(解決した経験)があったので今回は変に問い合わせしちゃった。

いつも泣き寝入りするんだけどね....まあ結局こうなるんだよなーー。

発売元に欠品を送られてAmazonカスタマーセンターに煽られる。

そんな2022年(発狂)

 

おわり