休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

雪の後:ケルヒャーを用いた車の洗車

f:id:cb125250zzr250:20190211141339j:image

連休中は神奈川、千葉の房総と様々な所を走ったハスラー雪や雨によりドロドロになってしまった。特に雪は車の汚れ方が汚く、跡が残りやすい、、
f:id:cb125250zzr250:20190211141544j:image

ワイパー跡とワイパーが触れないところが顕著に。境目が出来るほどの汚れ!
f:id:cb125250zzr250:20190211141419j:image

全体的にダマダマ。水滴跡など。
f:id:cb125250zzr250:20190211141434j:image

ああああああああああ

ウェザリングしたっけ、、?ってくらい汚ねぇ。

f:id:cb125250zzr250:20190211141402j:image

やるか。跡になるし、汚れはこまめに落とした方がいいし、、、社会人一年目で買ったケルヒャーだ。車やバイクが趣味なのでここはケチらず購入した。買って満足シリーズかなり上位に食い込んでいる。高圧洗浄機!!こいつの洗車力を紹介だ!ちなみにモデルはK3サイレントというものだ。
f:id:cb125250zzr250:20190211141352j:image

まずは電源確保。一般家庭の電圧で問題なし。
f:id:cb125250zzr250:20190211141343j:image

次に噴射機のコードを接続。挿入方向が決まっているのでつける前に確認しよう。やや硬めの材質。
f:id:cb125250zzr250:20190211141601j:image

次に水源確保。普段使っているホースのヘッドを取り外す。
f:id:cb125250zzr250:20190211141458j:image

ここに装着。なおケルヒャー専用ではない。一般的なものであればつきそうだ。これがわからずこのケルヒャー購入時ホースもセットで購入してしまったのだが、、、買わなくても済んだ、、
f:id:cb125250zzr250:20190211141557j:image

全て揃った状態がこちら。

電源、水源、噴射機コードをつなげば使える状態に。ここまで2分くらい。
f:id:cb125250zzr250:20190211141517j:image

足回りの汚れチェック。汚ねぇ。跳ね上げた泥。なお今回林道などは走っていない。融雪剤によるサビも怖いので念のため下も今回洗おう。
f:id:cb125250zzr250:20190211141552j:image

後ろもワイパー跡がくっきり。オフロード走った跡みたいでカッコええ。しかし泥汚れなどで動かすとワイパーやガラスがが痛むのですぐに洗おう!

f:id:cb125250zzr250:20190211141443j:image

電源オン。このつまみをひねるだけ。「カシュ」と音がして水が即充填される。水圧はかなりの高さだ。
f:id:cb125250zzr250:20190211141406j:image

洗おう。まずは水洗い。
f:id:cb125250zzr250:20190211141508j:image

ざっと流す。丁寧に洗ったつもり。ここで大抵の汚れを落としておく。
f:id:cb125250zzr250:20190211141429j:image

約8分。10分弱だ。
f:id:cb125250zzr250:20190211141529j:image

バイクや車でよく林道などに行くので、洗車頻度が多い。洗剤用意してスポンジで擦ったりするのは、めんどくさい。(たまにそうやって落とした方がいい場合もあるけど)めんどくさがりの私はこちらも購入している。これの効果は見たほうがはやいよ。

f:id:cb125250zzr250:20190211141453j:image

こんな感じ。噴射機のヘッドを交換して押すだけで今度は高圧水ではなく泡が出るのだ!
f:id:cb125250zzr250:20190211141414j:image

使い始めはややコツがいる。ボトルをつかみつつ上下に揺さぶりながら噴射するのだ。そうするとボトル内で泡になるのでより、濃厚な泡が吹き出す。
f:id:cb125250zzr250:20190211141357j:image

もちろんそのままでも泡は出るが少しサラサラになってしまうので、私はいつも揺さぶりながら噴射している。そんなことしてたら洗剤の消費が激しいのでは?!というのは後で答えます。
f:id:cb125250zzr250:20190211141448j:image

もう全体に満遍なくかけよう。日差しがないので今日はここで少しだけおく。汚れを浮かす。日差しが強い時は乾いて跡になるので少しやったら落とす、少し泡をかけたら落とすを繰り返して洗車している。
f:id:cb125250zzr250:20190211141535j:image

一気に水を落とした時間がこちら。全部で20分弱くらいかな。

もっとパパっとはやくやれば10分でもできる。ここは個人のお好みだ。
f:id:cb125250zzr250:20190211141512j:image

特にワックスなどはかけないけどピカピカ。最高。手洗いの時はホースで水ちょろちょろかけててほんとに大変だった、、一度高圧洗浄での洗車を味わうと戻れない。もちろん車種によると思います!高圧でいくと塗装が!などの人はやはり手洗いの方が安全にかつ丁寧に仕上げられると思います!
f:id:cb125250zzr250:20190211141410j:image

足回りの泥汚れもしっかり落ちている。
f:id:cb125250zzr250:20190211141526j:image

もちろんルーフもしっかり洗った。ヌルヌル感が復活した。反射しすぎて写真撮りにくい。
f:id:cb125250zzr250:20190211141425j:image

ざっとやってここまで落ちれば上出来。

探検のために購入したハスラーだが、未だに綺麗に使えている。当初はもっと傷だらけになるかな、、とか思っていたがまだ新車のような輝きを維持できている。こまめな洗車がポイントだ!

さてここまでケルヒャーのこのモデルの良いとこばかり話しているので、少し難点も話そう。

ここが残念

とにかく重い。男性の私が重いと感じるということは女性にとって取り回しは結構大変かも。まあ据え置きなのでごちゃごちゃ動かすものでもないんだけど、保管場所から持ってくるのが一苦労。重さは10.3キロとのことだが、形のせいか10キロより重く感じる。

保管場所に困る。かなり強力であり、業務用に近い洗い心地とパワー。車だけでなく家の汚れにも使えてしまう。が、納屋などがないと保管場所に困る、、コンセントコードがあるため雨ざらしでの保管は無理である。

f:id:cb125250zzr250:20190211141521j:image

乾いた綺麗な布で吹き上げた。
f:id:cb125250zzr250:20190211141347j:image

フロントガラスは吹き上げたのちに
f:id:cb125250zzr250:20190211141540j:image

ガラコを行う。水弾きが違う、、雨の時の視界確保。これも買ったのいつか覚えてないほど前だ、、、実はもっとたっぷり使った方がいいのかな。


f:id:cb125250zzr250:20190211141503j:image

しっかり塗ったら乾拭きして綺麗にしよう。
f:id:cb125250zzr250:20190211141605j:image

今回は側面、リアガラスにも施工。これで雨はしばらく大丈夫かな。寒いから早く家に戻ろう。
f:id:cb125250zzr250:20190211141548j:image

ケルヒャー本体のみの方は、ノズル付きを購入すれば、すぐに使えるぞ。

この洗剤買って一年近く経ちますがこの通り、全然減っていない、、私の使い方間違ってるのか?!と思うほど。バイクや車を結構洗ったが、こんなものだ。あと何回使えるんだろう、、ケルヒャー持ってる人にオススメしたい!!個人的に洗剤も悪くないと思います。私が使用している感想だと、汚れが全然落ちないとか跡になることもないため。泡立ちは先ほど話した通り、ボトル掴んで(ボトル掴まないと抜け落ちて洗剤全部溢れるよ!)上下に降りつつ、噴射すれば一瞬で泡だらけになるのでいいと思います。

最後に

ケルヒャーはハイパワーなためか東日本と西日本で購入商品が分かれます。これは電気の周波数の違いに起因してます。そのまま使える家電もありますが、ケルヒャーはお住いの地域と電源周波数の合ったものを購入しましょう。

東日本は50ヘルツ。西日本は60ヘルツ。電源周波数の違いにより、モーターの毎分回転数が変わってしまうので、「機能の低下」「故障」「火災」の原因になりかねません!ケルヒャーは東日本と西日本で商品が分かれています。

 

おわり