休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

奥多摩工業 氷川工場は九龍城みたいな幻想感。現役稼働中

f:id:cb125250zzr250:20190718133846j:image

前置き

氷川付近には謎スポットが多い。割れた窓ガラス。ノスタルジックな看板。

その中でも特に目を引くのが廃墟の要塞ルックな工場だ。まるで中国の九龍城。

私も学生の頃初めて観たときは廃墟かと思った。しかしここは奥多摩工業が管理している氷川工場という現役稼働中の場所なのだ。

奥多摩工業 氷川工場とは

関東最大級の石灰石加工工場。このほかにも工場はあるし、近いところだと瑞穂に工場が存在している。

奥多摩工業は会社設立時は奥多摩電気鉄道という社名でしたが、線路開通前に国に譲渡し後のJR青梅線となっているようだ。

アクセス

f:id:cb125250zzr250:20190718133857j:image

住所:〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川243−2

奥多摩駅から徒歩でアクセスできます。

 

比較的駅近なのがいいですね。

とりあえずこの道を目指しましょう。ここからは1本道なのでまず迷うことはありません。

工場がお休みの日に行った方がいいと思います。工場立ち入り禁止エリアと通常の道路は分かれてはいますが、共有部もあり仕事をしている人も利用するので邪魔になってはいけませんからね。

f:id:cb125250zzr250:20190718133823j:image

途中に見えるプール。もう夏なのできれいな水に張り替えられているはずです。深緑プール。
f:id:cb125250zzr250:20190718133842j:image

少しずつ標高が高くなってきました。奥多摩駅から上に登ってきているのがわかります。

空の要塞って感じか。遠目から撮影しとくべきだった。

f:id:cb125250zzr250:20190718134005j:image

実はこの道にたどり着くまでに一度迷いました。この道からの写真があるブログは多かったのですが....ここまで辿り着けなかったです。

氷川工場入り口


f:id:cb125250zzr250:20190718133934j:image

見えてきましたよ。太い道の直進は工場敷地になるため入ってはいけません!

右手にある細い分岐を歩きましょう。
f:id:cb125250zzr250:20190718133946j:image

氷川工場は近くで見ると要塞感は薄れますが、遠目で見るとまるで1つの大きな城です。ここからダンジョンの一部を見学していきましょう。
f:id:cb125250zzr250:20190718133916j:image

何かの鉄くずでしょうか。
f:id:cb125250zzr250:20190718133930j:image

後付け感満載の建築物が堪らない。

増築に増築を重ねたような不規則な建築物。中はまるで巨大迷路。地図が欲しい。
f:id:cb125250zzr250:20190718133941j:image

肌色の建物。途中で屋根がなくなる感じとか堪りません。謎建築物が多い。
f:id:cb125250zzr250:20190718133925j:image

どこまでも奥へ続く工事。そして錆。退廃的。
f:id:cb125250zzr250:20190718133954j:image

自然も相まって廃墟のようだ。(失礼

数十年前に特撮の撮影に使われたと聞いたこともある。
f:id:cb125250zzr250:20190718133837j:image

この巨大な筒状の建物は何に使っているのでしょうか。上にはベルトコンベアのようなものが見えます。
f:id:cb125250zzr250:20190718133950j:image

また面白い建物が見えました。大きな入り口が開いてますが階段などはないです。

何かの搬入口なのかとも思いましたが、奥行きもそこまでなさそう。

左端の筒状の建物には梯子がついている。

f:id:cb125250zzr250:20190718133958j:image

筒状の巨大な建物を繋ぐように細い通路が張り巡らされている。

実際にここを歩くことはあるのだろうか。

通路の先には扉が付いており、筒の中に入れるようだ。気になる!!!!
f:id:cb125250zzr250:20190718134013j:image

少し振り返ってみよう。あくまで立っている場所は通行可能部分です。

しかし工場迷路は間近に迫っているので、飽きさせません。

f:id:cb125250zzr250:20190718133920j:image

漢字だけの扉ってワクワクするよね....

ボロボロだし。ドロヘドロの漫画内に出てきそうなおどろおどろしい雰囲気だ。

上の屋根を見てよ。何か鉄が突き刺さってるよ....

f:id:cb125250zzr250:20190718133905j:image

ふと上をみる....下からも楽しめちゃう!!

錆び!!!(歓喜

f:id:cb125250zzr250:20190718134001j:image

もう一度言いますがここは一般道路です()

完全に工場に侵略されている!!最高だ!!!

 

興奮しすぎて写真の撮り方が非常に雑になってしまった。新しいカメラを携えて再訪する予定だ!!!

トマソン様建築物。入り乱れる通路。


f:id:cb125250zzr250:20190718133937j:image

変な位置にあるハシゴとかたまんねェ。

これはそう、トマソン超芸術トマソンみたいだ!!

超芸術トマソン(ちょうげいじゅつトマソン)とは、赤瀬川原平らの発見による芸術上の概念。不動産に付属し、まるで展示するかのように美しく保存されている無用の長物。

しかし実際は工場なのできっと重要な役割があるハシゴなのだろう....

f:id:cb125250zzr250:20190718133854j:image

覗き込むがゴールは定かではない....整備用なのか....
f:id:cb125250zzr250:20190718133850j:image

超工場迷路。

この日は休みだったので、ベルトコンベアなども動いておらず、シーンと静まっている。

普段はおそらく轟音を響かせ稼働しているに違いない。
f:id:cb125250zzr250:20190718133827j:image

この盆栽のように凝縮された世界観よ。

f:id:cb125250zzr250:20190718184031j:image

 弐瓶勉シドニアの騎士

 

二瓶勉先生のシドニアの騎士で似たような建築物があったな。通路が入り乱れている!

f:id:cb125250zzr250:20190718184256j:image

無骨に空中に浮いている階段。そして途中にある郵便ポストのような赤いボックス。
f:id:cb125250zzr250:20190718134008j:image

見る人が見ればピンとくるのでしょうか。注意書き。

【硑】は鉱山用語では【ずり】と読むらしく砕石を意味しているらしいぞ。

f:id:cb125250zzr250:20190718133831j:image

なんとベルトコンベアが天日干しされている謎の風景に遭遇。シュール。
f:id:cb125250zzr250:20190718133819j:image

天空を見上げればまた建築物。なんてステキな空間なんだ。

 

砕かれた砕石保管庫

f:id:cb125250zzr250:20190718190319j:image

ここに保管されている様だ。しかしこれも保管庫の一部でしかないんだろう。
f:id:cb125250zzr250:20190718190351j:imagef:id:cb125250zzr250:20190718190339j:image

砕石に雨がかからない様にするためか大きなカーテンがされている。
f:id:cb125250zzr250:20190718190355j:image

そして長いパイプ。ん?
f:id:cb125250zzr250:20190718190331j:image

ハシゴだ!!!タマラねぇぜ。
f:id:cb125250zzr250:20190718190343j:image

道にある様々なものが絵になる。
f:id:cb125250zzr250:20190718190327j:image

爛れた壁。一体ここで何があったのか。
f:id:cb125250zzr250:20190718190322j:image

こんなところにもドリルが。すごい手前を掘っている。
f:id:cb125250zzr250:20190718190315j:imagef:id:cb125250zzr250:20190718190359j:image

非常に歴史が長いためか間近で見ても正直廃墟に見えてしまう。
f:id:cb125250zzr250:20190718190335j:image

自由すぎるパイプ群。

f:id:cb125250zzr250:20190718190347j:image

石灰焼成炉集塵機が最後に佇みこれにて工場区画見学は終わりを告げる。

最後までとんでもない建物だ。

f:id:cb125250zzr250:20190718191032j:image

ここからはもう森に入りますが、この先にも面白いものがあるので引き続き進んでみましょう。奥多摩無人ロッコは無事見れるのかな?!

f:id:cb125250zzr250:20190721233111p:plain

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村