休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

【1日目】伊豆大島の三原山頂口と火口割れ目を探検する。

f:id:cb125250zzr250:20190903094230j:image

前置き

www.kanzaki3.com

ゲットしたレンタカー(軽自動車)で旅立つ。

新車なのか走行距離も浅く綺麗な車だったのが地味に嬉しい。傷つけないように気をつけよう。

大島一周道路


f:id:cb125250zzr250:20190903093927j:image

基本的にはこの【大島一周道路】という道を走ることになる。この道路を使えば島を一周出来るのだ。レンタカーの人曰く1時間半で島を一周出来るとの事だった。制限速度はどこも40㎞制限。

飛ばす車も全然いないのでのんびり走ろう(滞在中一度だけ煽られた(笑)すぐ譲りました。)

どこを走っても絵になる風景。

三原山頂口 バス停


f:id:cb125250zzr250:20190903094019j:image

島の中央にある三原山は大島観光で欠かせない。
f:id:cb125250zzr250:20190903093943j:image

この日は霧がすごく世界はサイレントヒルだ。
f:id:cb125250zzr250:20190903094144j:image

富士山が見えるとのことだが全く見えない。霧がある雰囲気は大好きなので全然オッケー。
f:id:cb125250zzr250:20190903094052j:image

下には元町港と思われる街並みが見える。下界は晴れてる。

三原山山頂施設


f:id:cb125250zzr250:20190903094026j:image

まずは交番。しかし中には誰もいない。
f:id:cb125250zzr250:20190903094318j:image

霧がかった世界に荒廃した建物がチラホラ。人もいなくて最高の雰囲気だ。f:id:cb125250zzr250:20190903094331j:image

こちらの閉店したのかやっていないようだ。
f:id:cb125250zzr250:20190903094252j:image

中はガランとしていて人気もない。

隣の建物はお土産やさんと食堂として現役。
f:id:cb125250zzr250:20190903093951j:image

お土産が並んでいる。

ちなみに大島の港に面したお土産屋さんで軒並み売り切れていて購入出来なかった名物牛乳せんべいはこちらのお店で普通に発売していたので、買いそびれた人はこちらで購入するといいかも。
f:id:cb125250zzr250:20190903093915j:image

レトロな雰囲気。アイスも売っている。
f:id:cb125250zzr250:20190903094221j:image

御神火茶屋はあんみつなどがウリのようだ。
f:id:cb125250zzr250:20190903094237j:image

隣にはハグリッドの家みたいな建物。特に解放はしていなさそうだった。

三原山山頂口展望台


f:id:cb125250zzr250:20190903094201j:image

はじめ見たときは北海道を思い出した。

雄大すぎて息を飲む景色だ。はるか向こうまで続いている景色。
f:id:cb125250zzr250:20190903094014j:image

下に遊歩道があり、三原山山頂まで歩いていけるのだが、この日は裏砂漠を見学したかったので、引き返す。数名行っている人が見えた。

ちなみに火口見学や山頂に行くだけならこちらの道を選ぶと良い。

 

テキサスルート(砂利道、荒地)はササッと登るには本当にきついぞ。火口までも含めると片道1時間半近くは歩く。

こちらの遊歩道からなら舗装された道ならば2.2㎞、約45分といったところ。

富士箱根伊豆国立公園展望避難休憩舎


f:id:cb125250zzr250:20190903094345j:image

なにやら廃墟っぽい建物(失礼)があるのでここだけ探検していくぞ。
f:id:cb125250zzr250:20190903094123j:image

中にはヘルメットが掛けられている。どうやらジオパーク展というものがあり、土日祝にはガイドさんもいるとか。

ヘルメットも貸し出されているようだ。

ガイドさんの話は面白そうだ。トレッキングをより楽しむのであれば立ち寄ってもいいかもしれない。
f:id:cb125250zzr250:20190903094225j:image

ガランとしていて最高。ちなみに中にも入れるぞ。冷房などは効いてないけどね!
f:id:cb125250zzr250:20190903094006j:image

裏手に行くと展望台!霧がすごい!
f:id:cb125250zzr250:20190903093906j:image

建物の荒廃具合がたまらねえ。今回あんまり廃墟や遺跡は探索しなかったけどメインの観光地巡りで満足感が凄かった。

f:id:cb125250zzr250:20190903094337j:image

遥か向こうに三原山が見える。

因みに、この後2回この山に登ることになるとは正直この時思いもしなかった。
f:id:cb125250zzr250:20190903094045j:image

こちらが舗装された遊歩道。この道はすっごく長く見えるが、傾斜も少なく一番楽。三原山からは流石に傾斜がありますが....
f:id:cb125250zzr250:20190903093922j:image

タツムリ。

彼女がずっとナメクジかわいいって言ってたけどカタツムリだよなって心の中でずっと思ってた。
f:id:cb125250zzr250:20190903094242j:image

広がる大自然雄大すぎる。はやる気持ちを抑えつつこの場を後にする。

割れ目火口


f:id:cb125250zzr250:20190903093936j:image

道路を走っているとすごく面白そうな脇道があった。

青看板には【割れ目火口】と記載があり、マイナースポット探しが好きな私は行くしかないと思った。

レンタカー会社の人からは大島一周道路以外はあまり走らないでくれと言われたが、下見したところそこまで荒れていないのと道幅も十分あったため行ってみることに。
f:id:cb125250zzr250:20190903094118j:image

少し荒れているがこの車高の車でも全く問題ない。
f:id:cb125250zzr250:20190903094135j:image

どうやら駐車場のようだ。しかし誰もいない。

借り物の車で砂利に停めるのもあれなので、気持ち舗装路に停めて出発。
f:id:cb125250zzr250:20190903094211j:image

険しい道が待ち受ける。草がすごい!

しかしサンダルでも歩けるレベルだ。
f:id:cb125250zzr250:20190903094305j:image

少し開けて砂利道に。地面から噴火していた山だということを実感する。
f:id:cb125250zzr250:20190903093959j:image

幻想的な景色が広がる。人もいないしテンションが上がりっぱなしだ。
f:id:cb125250zzr250:20190903094216j:image

海を一望できる。きれいだな…
f:id:cb125250zzr250:20190903094323j:image

思わずポーズを取りたくなるようなそんな景色。
f:id:cb125250zzr250:20190903094037j:image

後にも先にも人はいない。間違いなくマイナースポット。

ちなみにこのあたりがピークなので、引き換えしてもいいと思う(笑)
f:id:cb125250zzr250:20190903094103j:image

空に続くような道。
f:id:cb125250zzr250:20190903094154j:image

そして消える歩道。自然回帰していた。

後ろを振り向くと彼女は既に付いてきていなかったので、私も引き換えしてこの場を後にした。
f:id:cb125250zzr250:20190903094312j:image

綺麗な景色で誰にも邪魔されたくない人はいいかも。先ほどの砂利駐車場からは15分ほど歩く必要がある。

時間に余裕があれば、立ち寄ってもいいかもしれないが....

さて大島一周道路に戻ってきたぞ。
f:id:cb125250zzr250:20190903094111j:image

この道には馬を飼育している建物が何棟かかあり、綺麗な馬を見ることができた。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

裏砂漠テキサスルート辺に続く。