休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

29歳から30歳になった!三十路の実感と感想。

某月某日誕生日の1日前です。

30歳になる1日前。

気持ちとしては本当にこわい。

信じられないと言った気持ち。

今現在の自分の年齢は25、26で止まってる。

もう20代が終わるなんてこわい。

30代なんて嫌だと言った気持ちに包まれている。

全然めでたくない。

死ぬまでずっと20代前半でいたかった。

遊んでいたい!なんていい歳してまだ思ってる。

痛いおじさん。そう。もうどこからみてもおじさんだよ....

大学3年生ごろに後輩たちに「もうおじさんだからさ〜w」なんて言ったことがある。

調子乗った大学生いいがちな恥ずかしいセリフだよね。そんなものとは明らかに違う重み....

しかし自分が40歳になったらきっと30歳ごときでなに言ってんだ!30歳なんて若いだろ!って思うんだろうな。

30歳前夜きっと自分にとって貴重な感覚だと思うので自分用に記録してみることにした。

f:id:cb125250zzr250:20200418170133j:image

 

この10年で頑張ったと言える人生だったか。

20から30。

何かを成し遂げられたかと言えば....成し遂げられたと言える。

国家試験に合格したからだ。

それだけは頑張ったと言える。

人生で1番頑張った。ほんと。

直前に詰め込んだのではなくて、正確に言うと一年くらい前からコツコツ勉強してたからその期間人生としては輝いてたんじゃないかな。

目標に向かって頑張ってたと思う。

やはり人間なにか目標を立て、遂行し達成すると楽しいし人生の糧になっていく実感が得られるのかもしれない。

あまり人生で最後まで何かを成し遂げて来なかったおれが唯一しっかりやり切ったことなんじゃないかな。

 

この10年あっという間というわけでもなくて20から25は結構波乱万丈だったし、比較的長く感じたかも。

起伏があって毎日結構楽しかった。

今思えば楽しかったなんて気軽に言えるけど、数人の人とは本気の喧嘩もしたし、仲直りもしたし、泣いたこともあるし....いろいろあったな....それも含めて今面白かったと言える。

大人になると本音と建前を使い分けたり気を遣うからそもそも喧嘩になんかならなかったりする。

f:id:cb125250zzr250:20200418170252j:image

ストレートな感情のぶつかり合いは若い時の特権なのかもしれない。

若いうちの喧嘩は仲直りもできる。

大人になると仲直りする気力なんかないから一生関わらんでいいやろで済ませてしまうと思う。わからないけど....

人生起伏があるとその瞬間はとてもしんどいしもう嫌になる。

けど振り返るといろいろあったなぁ(感動)なんて美化して思えるから不思議だ。

大学、勉強、バイト、友情、恋愛どれも楽しめた。本当によかった。

人生で1番人と会って遊んだんじゃないかな。

社会人1年目2年目も起伏があって楽しめた。

泊まりの研修も面白かったし、なんだか学生の延長みたいな感じだった。

25から30は正直本当にあっという間だった。

これが大人ってやつか。

仕事が日常の大半となってしまったので人生は単調に感じ始めたし、日々のルーティンをこなす感じかな。

社会人1年目2年目はアルバイトの子達と遊びに行ったり歳の差を感じず話せたしいろんな子達に結構懐かれた。(と俺だけが思ってる可能性がある、恐ろしい。そうネガティブに考えるようになってからあまり若者と接しないように心がけるようになった。)

残念ながらアルバイトの子達はドンドン入れ替わる。

当時はおれが異動するとき手紙をわざわざ書いてくれたりおれも彼らがいなくなるときは飯に連れて行ったり....それが楽しめた。

それが楽しめる年齢だった。

最近は新しい人が来るたびにドンドン話せなくなり、そのうち関わることがなくなってしまった。

これも歳を感じた出来事だ。

今の10代の子達は何を考えているのだろう。

わからない。若者がこわい。

いつからかそう思うようになった。

だから今はせいぜい挨拶くらいしかしてない。

交友関係はぐっと狭くなった。

学生時代の友人とはめっきり遊ばなくなった。

悲しすぎるね。

日本各地。いろんな地方に散らばったというのもあるけど。

人生の先輩達が話す通りだった。

おれ達だけは絶対に違うなんて思ってたけど....

頻度が落ちたのはみんなそれぞれの人生でもっと大切なもの、優先すべきものを見つけていったからなのかなとか思うと、ふと悲しくなることがある。

初期職場は割と転々とすることが多かった。

職場の人はどこも割と面白くていい人が多く恵まれたと言える。本当に良かった。

なんだか書き出してみると悪くない人生な気がしてきた....よく人生に悲観してたような気もするが....なんでだろう。

嫌なことや辛いことって振り返ると意外とネタとして話せる。

仕事はどうだろう。

仕事の内容自体楽しめるかというと最初は楽しかったけど今では微妙。

ただ職場の人間関係は最高じゃないかな。

ストレスフリーとはこのこと....面白いし、みんな本当にいい人達だ。

職場の快適度は人間関係が一番。

仕事に関してはもともと人の不健康から成り立つ職業だから楽しいとか言えるものではないかな。

感謝されるとやりがいを感じることはあるがそれも最初だけだったな....

そんなだから今ではうだつが上がらない社会人。

なんとなく仕事をだらだら行う冴えないポジションの冴えない男。

そんなわけで今は全く輝いてない。

この先、一生この仕事を続けたいかと言われたら....微妙かな。

なんとかブログでもいいし何か自分で生み出したもので飯が食えるようになりたい。

という願望を持っている。

親戚や尊敬している祖父がそうだから。

彼らは自分の「芸」で生きている。

そういう生き方に憧れる。いいなぁ....

中高生の時おれはそういった秀でた才能がなかったから当時とても苦しかった記憶がある。

今もその感情がある。

けどここ最近は文章を書くという行為で大分その溜飲は下げられた。

一応お金にもなってるしね。

これから今の仕事をまた楽しめる時が来るだろうか....心配だ。

ドンドン上に行きたいと思えたらきっと今の仕事も楽しめると思うが現状その兆しはない。

老いがこわい

これが一番。

27歳から感じ始めた感覚。

小さい時映画や漫画で見た敵キャラクターたちの不老不死を求める欲求。

幼い頃は理解できなかった。

今は理解できる....老けることが恐ろしい。

正確に言うと不死でなくていい。

でもおそらくこの「不死でなくていい」という考えはもっと歳をとってからだと変わるだろう。

死が怖くなる時が必ず来る。生存本能。

人間はそうインプットされてると思う。

話が逸れたが、今おれは老いが怖い。

どんどん変わっていく顔....

落ちにくい皮下脂肪。

謎の顎肉....

こわい。こわい。

ジムに行き出したのも体の衰えがこわいからってのもある。

体力的な衰えは幸いそこまで感じない。

運動するようになってからかなり戻ったからだ。

あともともと体力がないからだ。(笑)

ただ顔に刻まれるシワ、濃くなる髭、たるむ顎。

これは着実に蝕んでくる。

今まで感じたことない恐怖に襲われている。

鏡を一切見なくなったね。

20代前半の顔と今の顔全然違う。整形か?

どうしてこんなに顔がパンパンなんだよ!!!

おじさん顔デカくなる説。

一説によると顔の骨は加齢と共に萎縮する。

そうするとそこに脂肪が垂れ下がり萎縮して平らになった顔面が大きく見えるとか....

写真とかまじで顔パンパン。助けてくれ。

 

30歳になってからの展望

特にないがこれから結婚などもするのだろうか。子供ができる未来が想像できない。

f:id:cb125250zzr250:20200418170324j:image

周りはドンドン結婚していきドンドン子供ができ、その子供たちが歩き出して....

取り残されていく感覚がすごい。もちろん他人と同じがいいから!とかそんな理由で子供が欲しいとは思わないんだけどね。

そこはよかった。

いやそもそも結婚できるのだろうか?

そんなこわさがある。

そう。もう昔みたいに次があるぜ〜みたいな考えは全く持ってない。

もう次なんて言える状況じゃないんだよ....

20半ばごろから常に次が最後であれ、次が最後であれと祈りながら過ごしてきた。

30代で結婚しなかったら多分子供も作らないだろう。

そうなるともう神崎家は俺の代で終わることになる。

神崎姓他はみんな女の子だからね。

あまり感じたことないけどなんだかお家断絶は嫌な気持ちにはなる(笑)

ひとりっ子の辛いところ。

そんなこわさを考えるようになった。29歳。

1人でも余裕と思える強さがあればいいがおれは結構寂しさを感じる人間なので一生独身はやっぱり嫌かも。

昔からそうなんだけど付き合ってる人がいないととても不安になる。メンヘラおじさん。

家族は欲しいと思うアラサー

26歳ごろ育ての親である祖父が死んだ。

葬儀では友人、親戚、子供、孫たくさんの人が泣いてて、もちろん俺もボロボロ泣いて。

めちゃくちゃ悲しかった。

でもその時思った。

家族ってやっぱりいいなって。

悲しいけどこんなにたくさん泣いてくれる人がいてじいちゃんは幸せだなって思った。

あの時ほんと変な感じだったな。

これが独り身だと家族誰もいないわけじゃんか。

1人寂しく逝く。

俺はやっぱ寂しいから嫌だなって思ってしまう弱い人間。

もちろん死んじゃったら全然関係ないんだけど少なくとも家族いれば生きているうちに「おれが逝く時みんな泣いてくれるんだろうなぁ....シメシメ」みたいな感情を抱きながら逝けそうじゃない?

家族に愛され尊敬される人間であることが大前提な訳だがね。

友達は泣いてくれるだろうけど....いや待て、そもそも葬儀誰があげるの?そういう意味でもこわいな....

昔はこんなこと考えたこともなかったな。

30歳まであと10分

本当は20代最後にめちゃくちゃバカなことやって一晩中普段飲まない酒なんか飲んで友達とフラフラするとかやりたかったけど....

そんなこともなく終わりそう。

特に何もなく30歳になって明日も普通に仕事に行く。

そこからきっと10年ははやいんだろうな。

40歳になった時何か一つでもいいからがんばった、成し遂げたっていうエピソードを作りたい。

過去が綺麗に見えて振り返りがちな性格をなんとかしてこれからは今を楽しめるように生きたいです。

 

おわり