休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

【四万の甌穴群】四万温泉観光なら四万ブルーの甌穴は見逃せない!!

四万温泉からそう遠くない場所に四万甌穴群という観光地がある。

神秘の四万ブルーの水と大小さまざまな大きさの甌穴が楽しめるぞ。

四万の甌穴群駐車場と森のカフェKISEKI

かなり広い無料駐車場。

f:id:cb125250zzr250:20200503101158j:image

ちゃんと駐車できるところがありますので駐車してからのんびり散策するのがオススメ。甌穴群までは徒歩ですぐですよ。

ここでアイスクリームも食べたかな。大きい公衆トイレもあるので安心だ。

f:id:cb125250zzr250:20200503163015j:image

国民保養温泉地・全国第一号指定

暖かくて花も咲いてましたね。観光客が多いところでした。

※2019年4月来訪

四万の甌穴群ポイント

  • 雨の日は避けよう。
  • 地面の岩場はかなり滑りやすい!!
  • 靴はペタンコ推奨。ヒールは危険!
  • 結構奥まで観光できちゃうよ。体力ある人はぜひ。

四万の甌穴群観光開始

 

f:id:cb125250zzr250:20200503101142j:image

階段を降りていくと甌穴を見ることができます。雰囲気のある階段で嬉しい。

しかし雨の日とかは滑りやすそうな階段なので一般の観光客の人にとってはこわいかもしれない。

f:id:cb125250zzr250:20200503163117j:image

すげえ!!!人!!!

甌穴よりも人の多さにびびる。さすが観光名所....

f:id:cb125250zzr250:20200503101154j:image

そして早速見つけた甌穴!

甌穴という単語はあまり馴染みがないかもしれない。

小さなくぼみに石などが引っかかった後にくぼみに落ちた石が水流の力でくぼみの中をぐるぐる周るとどんどんえぐれていき....

長い年月をかけてこのような穴ができてしまったというのだ。それが甌穴。

石だけじゃなく砂でも甌穴ができるきっかけになるという。自然の力はすげえ。

甌穴はポットホールとも呼ばれる。

ちなみにポットホールで検索するとナニコレ珍百景とかでよく見るやつが出てくるよ。
f:id:cb125250zzr250:20200503101120j:image

もともとここは地元住民たちの遊び場だったとか。

県議会委員の人が岡山県の国指定天然記念物を見たときに「群馬の四万にもあるな」と思い群馬県教育委員会に調査依頼。f:id:cb125250zzr250:20200503101138j:image

整備したり調査したり....その後中之条町教育委員会天然記念物指定申請書を提出して1971年に群馬県指定の天然記念物となった。
f:id:cb125250zzr250:20200503101104j:image

ここが地元の子供達が潜ったとされる川底の穴だろうか....たしかに中が洞窟のようになっているような甌穴もあった。神秘的....
f:id:cb125250zzr250:20200503101115j:image

透明度が高い上に色味が綺麗でみていて飽きない。吸い込まれるような魔力を秘めた穴。
f:id:cb125250zzr250:20200503101147j:image

【海外旅行に来ました】的な写真も撮れる。

カナダですって言われたら信じるかも。カナダどんなんかしらんけどw

※実はあながち冗談でもなくてカナダにはモレーン湖と呼ばれるユネスコ指定の美しい湖がある。モレーン湖もまた鉱物の粉による影響で美しい発色を放つ湖なのだ…
f:id:cb125250zzr250:20200503101126j:image

入ったら気持ちよさそうだな....
f:id:cb125250zzr250:20200503101131j:image

ここまで貸切ですよ風な写真を載せてきたけど冒頭でも触れたけどここは超人気観光地。

という訳で見ての通り老若男女問わずめちゃくちゃ人がいる。

f:id:cb125250zzr250:20200503162110j:image

ついに幻の泉に来たぜ....周りに人は誰もいねぇ....と見せかけて....

f:id:cb125250zzr250:20200503162143j:image

....全ては撮影の仕方次第....

タイミングを測ってさくっと撮影しよう。

小学生くらいの子供とかすごい楽しいと思う。

体を使うアトラクションだよココは。

f:id:cb125250zzr250:20200503163238j:image

キッズと動きがシンクロするアラサー。

ここまで来るとだいぶ人も少なくなってきて小学生〜大学生くらいの年齢層となる。

f:id:cb125250zzr250:20200503163338j:image

おれだけの離島だぜ....と見せかけて上に登っている猛者が....その場所からの景色良さそう、写真見せて欲しいな。
f:id:cb125250zzr250:20200503163344j:image

水質は四万川ダムで見たブルーと同じ。

よりエメラルドグリーンのような色味に。

本当に綺麗だったな〜晴れてる日じゃないとこんなに綺麗な色にならないのかもしれない。

ここはガタガタ道を通らなきゃいけなくて高齢者やあまりに小さい子は危ない。気をつけよう。
f:id:cb125250zzr250:20200503101110j:image

奥まで行くにはこういう岩場の上を歩いたりするので靴はぺたんこで行くのがいいと思います。

もちろん手前までは気軽に見れるのでご安心ください。

大小8つあるのでみんなも探してみてね。

f:id:cb125250zzr250:20200503163542j:image

四万メロディーライン

あと付近には四万メロディーラインというモヤ道路があって時速40kmで走行すると千と千尋の曲である【いつも何度でも】が道路から響くのだ。

千と千尋の神隠し」のモデル宿、「積善館」への道だからなんだ。

道路の凹凸で音が鳴るようにしているのだけれどボヨヨヨヨ〜(呼んでいる〜)ボヨ〜ボ〜(胸〜の〜どこか〜)ヨ〜(奥で〜)って感じのメロディ....笑っちゃう。

地元の人からは夜不気味だといわれる始末でそれもまた笑ってしまった。

しかもスピードが少しでも40kmからずれると音程がずれてめっちゃおもろい。

そんなわけでおれはUターンまでして2往復した。ただここの道は気持ちがよくて結構飛ばしている車も多いので、後続車がいるときは譲ってからのほうがよいでしょう。

あとクルーズコントロールがあればめっちゃ楽しめそう。

これは本当文章では伝えにくい....なかなかのモヤスポ。

バイクでも同じように音が鳴るのか検証してみたいですね。ちなみに自転車ではならなかったそうです。

今回の道のり

今回行ったところは一本道!!すべての観光地をコンプリートしてくれ!

おわり