休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

【東海自然歩道】富岳風穴から鳴沢氷穴までのコースを散歩してきた。

今回は青木ヶ原樹海を散策します。

富岳風穴を探検して次は鳴沢氷穴に向かうぞ。

青木ヶ原樹海と言っても東海自然歩道に指定されている道で散策に向いていると言える。

山ほど起伏はないし平坦で歩きやすかった。

前回の記事はこれ

www.kanzaki3.com

 

東海自然歩道ってなに?

恥ずかしながらこの歳まで知らなかったのだが11都道府県を跨いで存在する超長距離自然歩道の名称との事。

その歴史はというと意外と近代。

1970年から着手し1973年に概ね完成した自然歩道のようだ。

そして発案はなんと厚労省

そんな事をやっていたとは....後に担当は環境省に移行したようだが。

目的はというと観光レクリエーションマナーの啓蒙と地域社会の発展に寄与するためなんだって。

自然歩道が通過しているところは関係団体が協力し観光に力を入れているようだ。

今回はそんな自然歩道の超超一部。

山梨県東海自然歩道樹海コースの一部である富岳風穴鳴沢氷穴間を歩く。

およそ30分の道のり。

鳴沢氷穴までの道スタート

f:id:cb125250zzr250:20200621163528j:image

楽しかった風穴を後にし出口を出る。

写真よくみて欲しいんだけど出口の看板多すぎて本当じわる....

ゲートにある小屋の脇に東海自然歩道は伸びている。
f:id:cb125250zzr250:20200621163206j:image

ここがスタートだ。

案内の看板も出ている。
f:id:cb125250zzr250:20200621163226j:image

  • 自然歩道を使う場合は30分。
  • 国道の歩道を使う場合は15分。
  • イカーだと2分。

それぞれ好みはありそうだが樹海コースを強くお勧めするぞ。あと夏の国道は遮るものがなくてとても暑そう。今でも暑かった....

f:id:cb125250zzr250:20200621163434j:image

ワクワクします。
f:id:cb125250zzr250:20200621163642j:image

これが樹海....!!!

全体的に細い木が立ち並ぶ。

樹海に生えている木の特性なのか樹齢300年でも太る事なく互いに抱き合うように密生している。
f:id:cb125250zzr250:20200621163249j:image

木が密生しているから日差しは入ってこない。

まさに木漏れ日。
f:id:cb125250zzr250:20200621163213j:image

ただ樹海というだけで目に写るものが少しおどろおどろしく見えるのは気のせいなのだろうか。
f:id:cb125250zzr250:20200621163153j:image

苔が非常に美しいのだ。
f:id:cb125250zzr250:20200621163429j:image

一体何年かけたらこんな立派な苔に成長するのだろうか。
f:id:cb125250zzr250:20200621163540j:image

そこら中緑で目に優しい。

自然が豊富で楽しい。
f:id:cb125250zzr250:20200621163557j:image

看板....ここが青木ヶ原樹海という事を思い出させる。
f:id:cb125250zzr250:20200621163233j:image

歩く時間帯や人数によっては後ろからどこからともなく管理人?の方が付いてきて....

声をかけられるんだって。

それは勿論自殺防止の為なんだ。

看板だけでなく声掛けも行なって救える命を助けてくれている。

精進湖鳴沢氷穴の分岐点

ここでT字路に突き当たる。

右に向かうと精進湖に向かってしまう。
f:id:cb125250zzr250:20200621163457j:image

今回は鳴沢氷穴に向かうので迷わず左へ。
f:id:cb125250zzr250:20200621163450j:image

細い倒木。

倒木はちょくちょくあったが全く問題にならない。
f:id:cb125250zzr250:20200621163552j:image

起伏もこのくらいかな?
f:id:cb125250zzr250:20200621163239j:image

最初見た時はコンクリートに木が生えているのかと思った。
f:id:cb125250zzr250:20200621163515j:image

これも溶岩なのかな....にしては平らだ....
f:id:cb125250zzr250:20200621163602j:image

前回のガス孔のように含まれていたガスが地中に逃げて出来た空洞だろうか。
f:id:cb125250zzr250:20200621163417j:image

道がそれたら即迷うレベルの原生林。
f:id:cb125250zzr250:20200621163534j:image

切り倒された木。
f:id:cb125250zzr250:20200621163411j:image

苔の城。
f:id:cb125250zzr250:20200621163439j:image

全てが楽しい。

東京では見れない光景だ。山梨スゴイ。

勿論東京といっても奥多摩....かつ登山道から外れた山にはこういう景色もあるが....手軽には見れない。

f:id:cb125250zzr250:20200621163546j:image

奥は気になる....行ってはいけない。
f:id:cb125250zzr250:20200621163521j:image

誰にも会わない。

そういう意味では静かな散歩となった。

しかし森には鳥が沢山いて賑やかだった。
f:id:cb125250zzr250:20200621163508j:image

分岐は他にもあったがいずれもトラロープが張られて立ち入りは禁止されている。
f:id:cb125250zzr250:20200621163327j:image

これまた奥が気になるが....
f:id:cb125250zzr250:20200621163310j:image

危険な道を行かずとも道沿いには溶岩洞窟などがあり飽きさせない。
f:id:cb125250zzr250:20200621163332j:image

前日雨だったが水たまりも全然ないことに驚いた。水はけよく木が吸ってしまうのだろうか。
f:id:cb125250zzr250:20200621163305j:image

切り株。
f:id:cb125250zzr250:20200621163220j:image

代わり映えしないように見えて全部違う。

ただ一日中歩いていたら流石に飽きるかもしれない。
f:id:cb125250zzr250:20200621163636j:image

この写真結構お気に入り。まとわりつくように木が生えていて....AKIRAの浸食シーンみたい。
f:id:cb125250zzr250:20200621163322j:image

倒木2。跨いでいく。
f:id:cb125250zzr250:20200621163301j:image

盆栽のような。溶岩。
f:id:cb125250zzr250:20200621163445j:image

ネジ切れた木。
f:id:cb125250zzr250:20200621163654j:image

その通り。美しい自然を次の世代に....

山梨県がとてもよく管理しているのが東海自然歩道に関しては感じました。
f:id:cb125250zzr250:20200621163501j:image

新しい命。
f:id:cb125250zzr250:20200621163614j:image

植物に詳しくないので分からない....
f:id:cb125250zzr250:20200621163255j:image

洞窟多数。洞窟とは言わないかもしれないけどね。

f:id:cb125250zzr250:20200621163159j:image

点在している。

通り抜けできるわけでも入れる訳でもない。
f:id:cb125250zzr250:20200621163423j:image

でも気になってしまうよね。
f:id:cb125250zzr250:20200621163354j:image

一個ずつ覗き込んでみた。特になにもない。f:id:cb125250zzr250:20200621163316j:image

東海自然歩道は、八王子と大阪・箕面を結ぶ1都8県2府に及ぶ全長1697.2kmの自然歩道。

東京から大阪。それぞれ歩いて探検したいね。新しいカテゴリ作ろうかな。

f:id:cb125250zzr250:20200621163609j:image

とりあえず山梨県の一部歩けた。
f:id:cb125250zzr250:20200621163338j:image

蜘蛛の巣があるので気をつけよう。
f:id:cb125250zzr250:20200621163148j:image

周囲がぐるっと空洞になっている。
f:id:cb125250zzr250:20200621163406j:image

これは屋根が落ちたように真ん中が陥没したことで出来た空洞だと思われる。
f:id:cb125250zzr250:20200621163344j:image

夜に来たらどんな顔を見せてくれるのだろうか....動物はリスを発見した。
f:id:cb125250zzr250:20200621163244j:image

もうそろそろ30分くらい経つ。
f:id:cb125250zzr250:20200621163700j:image

緑のトンネルが現れた。
f:id:cb125250zzr250:20200621163648j:image

これは美しい。
f:id:cb125250zzr250:20200621163630j:image

時折変な音が鳴り響いていて不気味だった。

映画だったらチェーンソーを持った化け物に追われるところだが特にそういうこともなく。
f:id:cb125250zzr250:20200621163619j:image

鳴沢氷穴の駐車場に到着。
f:id:cb125250zzr250:20200621163623j:image

結構観光客で賑わっていた。

どうやら樹海でのんびり散策しすぎたようだ。

気づけばお昼前!

はやく氷穴も探検しなきゃ!
f:id:cb125250zzr250:20200621163349j:image

鳴沢氷穴編へと続く。

今回のルート

Googleマップは国道経由のルートです。実際は東海自然歩道を歩いています。

おわり