休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

丹沢の空いてる山はココ。宮ヶ瀬の高取山がおススメだ!

f:id:cb125250zzr250:20190618222817j:image

前置き

久しぶりの探検シリーズです。

※行ったのは5月ごろですが....

今回の舞台は宮ヶ瀬湖。神奈川県の有名なダム湖です。

宮ヶ瀬湖の周りは面白スポットが多いのですが、今回は山登りを楽しんでみようと思います。

高取山オススメポイント

  • 705メートルのお手軽さ
  • 整備されている登山道
  • 封鎖林道が歩ける
  • 謎の展望台がある。

f:id:cb125250zzr250:20190618225554j:image

 

車の駐車場

車の場合は愛川ふれあいの村駐車場に停めるとよいでしょう。

ここからの場合は登山口まではおよそ30分です。

 

スタート地点

f:id:cb125250zzr250:20190618164633j:image

今回私の出発地は【両向トンネル】ここには車を停めるスペースは残念ながらありませんので注意。
f:id:cb125250zzr250:20190618164833j:image

登山案内板がご丁寧に設置されていますね。

早速降りてみよう。

f:id:cb125250zzr250:20190618164659j:image

先程バイクで通行した両向橋を今度は潜るよ。

悪そうな奴らが溜まってそうな雰囲気があるぞ。
f:id:cb125250zzr250:20190618164734j:image

もちろん誰もいるはずもなく....

ベンチだけがポツンと置かれている。
f:id:cb125250zzr250:20190618164740j:image

両向橋下から

 

高取山登山開始

f:id:cb125250zzr250:20190618164620j:image

登山道は整備され、しっかりと踏み跡がある。

まず迷うことはないだろう。

やや急登か。なだらかとは言えないスタート。
f:id:cb125250zzr250:20190618164613j:image

案内看板も頻繁にあり安心だ。
f:id:cb125250zzr250:20190618164645j:image

動物除けのゲート。ここを超えるたびに異世界感が増す。
f:id:cb125250zzr250:20190618165014j:image

よしどんどん行こう。

 

半原大沢林道


f:id:cb125250zzr250:20190618164910j:image

進んでいくと分岐点に出る。

なにやら大きな道と交差したようだ。

あえて高取山には向かわず交差した大きい道である大沢林道(半原大沢線)を踏破することに。寄り道だ。
f:id:cb125250zzr250:20190618164729j:image

登山道と繋がってはいるが一般道からはもう封鎖されており、車やバイクでここまでくるのは不可能だ。

f:id:cb125250zzr250:20190618164717j:image

このように分岐点が多い。

行き止まりと書いてあるがせっかくなので見てみることに。
f:id:cb125250zzr250:20190618164746j:image

こちらも徒歩で一般道に降りれるようだが、来訪者は非常に少ないのが風化具合からうかがえる。雑草だらけだ。
f:id:cb125250zzr250:20190618165008j:image

大沢林道を進むと風景が開ける。

なかなかの景色だ!!
f:id:cb125250zzr250:20190618164638j:image

平坦な砂利道が続きやや飽きてくるが....終点はどこだろう!
f:id:cb125250zzr250:20190618164705j:image

かなりひらけた!
f:id:cb125250zzr250:20190618164843j:image

広場の先に終点がありました。

特に見どころはなかった....引き返そう。

再度高取山登山道へ

高取山への登山道に戻る坂道。

f:id:cb125250zzr250:20190618225622j:image

写真じゃ伝わらないが、かなりの傾斜だ!油断すると転がり落ちるぞ。
f:id:cb125250zzr250:20190618164822j:image

急な坂道を抜けると、一休みポイントにたどり着く。

そこまで疲れていないので先を急ぐ。

トンネルからここまではストレートで来た場合は30分と行ったところかな?

寄り道含めると1時間程度かかっている。
f:id:cb125250zzr250:20190618165002j:image

楽しくなってきた!!

まあまあ急な坂道を歩く。
f:id:cb125250zzr250:20190618164930j:image

登山道中も案内標識があるので、距離の目安になる。高取山まで0.8キロ!

平坦な道ならあと少しに感じるが上り坂となるとやはり長く感じます。

f:id:cb125250zzr250:20190618165021j:image

第2ゲート。

登山者が全くいなくて不気味だ。(登った時間が夕方からなのが原因です)

f:id:cb125250zzr250:20190618164811j:image

整備された道を進む。

ここからやっとなだらかになってくる。f:id:cb125250zzr250:20190618164839j:image

整備された階段状の道を進もう。
f:id:cb125250zzr250:20190618164722j:image

あと0.3キロ!!もう一踏ん張り!

ここから最後の急登があります。息切れ注意。

山頂へ

f:id:cb125250zzr250:20190618164956j:image

一気に視界がひらける!

ここまでひらけてると頑張った甲斐があるな〜。

f:id:cb125250zzr250:20190618164801j:image

眼下に街並み。山頂も誰もいなくて貸切!最高だ〜。

呼吸を整えて本日の目的地に!!

 

謎の鉄塔展望台


f:id:cb125250zzr250:20190618164941j:image

登山は勿論好きだが目的地あってこそ。

今回のメインはこの無骨な鉄塔のような展望台だ!

高さは13メートルあるぞ。
f:id:cb125250zzr250:20190618164827j:image

なんと登れるんですよ。現役です。

山頂から更に高みを目指すぞ。
f:id:cb125250zzr250:20190618165034j:image

美しい造形....山奥にこんな奇特なものを作るとは。マイナースポットなのもいいね。

f:id:cb125250zzr250:20190618164849j:image

しばらく一人撮影会をする....
f:id:cb125250zzr250:20190618164757j:image

下が丸見え。バイオハザードのステージみたいだ....ワクワクするぜ。

f:id:cb125250zzr250:20190618164806j:image

実際登るとこの辺りから怖さを感じ始める....

 

f:id:cb125250zzr250:20190618165051j:image

若干風化してるカラ....

素晴らしい展望


f:id:cb125250zzr250:20190618164900j:image

宮ヶ瀬湖
f:id:cb125250zzr250:20190618164605j:image

ちなみに展望台の終点はこんな感じです。

正方形のスペース。

風が吹き荒れてて本当にこわかった....吹き飛ばされそうなくらいの強風です。
f:id:cb125250zzr250:20190618165039j:image

下が丸見えの恐怖が襲う。

13メートルって本当に高いぞ!!!
f:id:cb125250zzr250:20190618164945j:image

この展望台からは東丹沢や宮ヶ瀬湖関東平野奥多摩から奥秩父の山々が見える。
f:id:cb125250zzr250:20190618164918j:image

なんとも幻想的だ。

遮蔽物が何もないって素晴らしい。
f:id:cb125250zzr250:20190618164951j:image

高所恐怖症ばりに足がガクガクしてきた。
f:id:cb125250zzr250:20190618164935j:image

そそくさと降りていく。
f:id:cb125250zzr250:20190618164914j:image

まるで螺旋階段のよう。

f:id:cb125250zzr250:20190618164816j:image

素晴らしかった....

f:id:cb125250zzr250:20190618164924j:image

さて昔はこの看板も取り付けられていたようだが、風化して今では木に立てかけられている状態。劣化が激しいが展望台から見える山々を紹介しているみたいだ。
f:id:cb125250zzr250:20190618164855j:image

山頂看板。
f:id:cb125250zzr250:20190618164652j:image

平成28年時のようですが熊でるみたいなのでご注意下さい....

株式会社エコ・トレード ヒル下がりのジョニー 140ml

株式会社エコ・トレード ヒル下がりのジョニー 140ml

 

そして6月から冬まではヤマビルが非常に活発化しているので十分対策をしてハイキングを楽しみましょう。

www.kanzaki3.com

 

おわり