休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

生田緑地は親子連れにもオススメ!遊び場と撮影スポット散策紹介【向丘遊園跡地】

f:id:cb125250zzr250:20190721214830j:image

前置き

学生の時から緑地大好きマンです。◯◯緑地とあらば直ぐに遊びに行きます。

これは幼少期に祖父が、緑地公園に沢山ドライブで連れて行ってくれた影響かもしれません。もし自分に家族ができたら私も色々と連れて行ってあげたいものです。

 

アクセスと駐車場

f:id:cb125250zzr250:20190721214821j:image

始まりの地はビジターセンター。立体駐車場のこちらがわかりやすく、入場もしやすい。

しかし立体駐車場二階(屋上)への坂道が狭く譲り合いながら入場しましょう。

停めるスペース自体は大きくて楽チンですよ。アルファードが停まっていたので大きさ自体は問題ないと思います。

f:id:cb125250zzr250:20190721230308j:image

料金

車での場合駐車料金が発生します。

公園の入場自体は無料です。

緑地内の岡本太郎美術館や日本民家園では別途入場料が必要です。

イベント

2019.07.13〜09.01の期間中

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムを含めた5つの施設で、スタンプを3つ集めると、オリジナルクリアファイルを手に入れることができます。

5つすべてのスタンプを無料で押せます。

藤子・F・不二雄ミュージアムはちょびっと歩かなくては行けませんが、3つのみなら実質公園のみで完結できます。

登戸行政サービスセンターに関しては、登戸駅のため電車で来てる人はあらかじめ押してしまいましょう!

※大人もクリアファイルを貰えます!受付のお姉さんが勿論みなさま差し上げられます!と、とびきりの笑顔で教えてくれたぞ。

第1スタンプポイント:日本民家園

f:id:cb125250zzr250:20190721214810j:image

趣あるこちらの建物入り口で早速1つ目ゲット。昔のくらしを学べる古民家の博物館だ。

写真の親子がいる場所でスタンプしよう。

f:id:cb125250zzr250:20190723200920j:image

こちらの日本民家園は別途必要ですが、まさに集落のように点在する日本民家を見学することができる。古民家の響きって最高よな....ちなみに彼女は本当に興味がなさそうだった。

f:id:cb125250zzr250:20190721222746j:image

園内からも見学できますが柵があるので、遠巻きにはなってしまいますね。時間がある時再度リベンジしたいです。
f:id:cb125250zzr250:20190721214825j:image

古い建物の他にも昔の道具の展示や、囲炉裏体験が出来るみたいだぞ。

しょうぶ園と【言の葉の庭ごっこ


f:id:cb125250zzr250:20190721214801j:image

日本民家園から直ぐ、階段下へ。
f:id:cb125250zzr250:20190721214833j:image

しょうぶ園が見れます。
f:id:cb125250zzr250:20190721214816j:image

静かな音。静かな時間。
f:id:cb125250zzr250:20190721214841j:image

これは?!言の葉の庭で出てきた建物だ!!?(錯乱)

思わず靴を脱いでポージングしてしまった。そこにはアラサーの蒸れた足があった....

花澤香菜ボイスの美女の足はどこ?!

f:id:cb125250zzr250:20190721214807j:image

新海誠監督の言の葉の庭。コチラが原作です。

そして実際作品中の場所は【新宿御苑】です。

f:id:cb125250zzr250:20190721215410j:image

比較的似ている建物でした。
f:id:cb125250zzr250:20190721215503j:image

ここで虫取りしている少年がいて何が取れるのかカッノが聞いたところ沢山のオタマジャクシを見せてくれた。生き物も沢山いるようだぞ。

実際に水面を覗くとアメンボやオタマジャクシがいて懐かしい気持ちになった。
f:id:cb125250zzr250:20190721215529j:image

不気味な用水路。

カッノが少年と戯れている間、コミュ障の私自身は怪しげな所を一人で散策していた。

仕事だとペラペラ話せるけどこういう時本当にコミュ障だなぁって実感した。子供に怯えるアラサーおじさん。そして子供はなぜか彼女にホーミングして、しばし行動を共にすることになった。

渾身の作品達。

f:id:cb125250zzr250:20190721215419j:image

不気味な緑の屋根。

ヒヒッ....根暗なワイはこういうのを撮って一人で楽しむんじゃ....
f:id:cb125250zzr250:20190721215431j:image

不気味な池。

何か埋まってる....そんな気がしませんかねェ?写真中央なんか浮いてない…?え…?

第2スタンプポイント:かわさき宙と緑の科学館

f:id:cb125250zzr250:20190723200946j:image

中央広場をメインで見ていきましょう。

科学館とても楽しいですよ。展示物も多く、二階には図書スペースがある。また特大天体望遠鏡を見学できます。プラネタリウムもあるぞ。

f:id:cb125250zzr250:20190722003432j:image

※写真は前回来訪時

列に並んでいたら何食わぬ顔で(多分後ろ並んでることに気づいていない)別のカップルに横入りされ、ひっそりと拳を握りつつなんとかスタンプ2個目をゲット!!

まあ色々言ってますが今回単純に写真撮り忘れました(笑)一年前にもカッノと行ったからなんか写真撮る気にならなかったとも言える。
f:id:cb125250zzr250:20190721215514j:image

時計のモニュメント油断すると自分の姿が映り込む。

電車の展示が面白い。


f:id:cb125250zzr250:20190721215455j:image

こいつは子供大興奮でしょう。機関車だ!

勿論大人も大興奮。

f:id:cb125250zzr250:20190721215525j:image

大迫力の写真を撮ろう。電車に轢かれそうになるごっこ

機関車の脇には階段があり、運転室も見学できる。中には入れませんが....

f:id:cb125250zzr250:20190722003450j:image

機械萌え。

客車で世界の車窓からごっこをしよう。


f:id:cb125250zzr250:20190721215443j:image

機関車は中に入れず、残念だったね。

コチラに関しては中に入れるよ。
f:id:cb125250zzr250:20190721215447j:image

おっと出口だった。
f:id:cb125250zzr250:20190721215406j:image

入り口から搭乗してみよう。おぉ、雰囲気あるな!?
f:id:cb125250zzr250:20190721215435j:image

一気に旅行気分!ラッキーなことに土日なのに殆ど人もいない。
f:id:cb125250zzr250:20190721215532j:image

こんなアングルから撮ってみたり、
f:id:cb125250zzr250:20190721215427j:image

荷物の気持ちになって考えたことある?

確か一年前はこの客車の先頭で電車を止めるスパイダーマンごっこをしたんだ。トビーマグワイア主演のスパイダーマン2ね。暴走列車を体張って止めるあのシーン。彼女にその話をしたら

アァ、電車にハリツケになってたあれのこと?

って言われて憤慨した。暴走列車を停めてたんだよ。脳内で。
f:id:cb125250zzr250:20190721215422j:image

さて周りを暗くして雰囲気出してみたり。

すごいほんとに電車乗ってるみたいな気持ちになってきた。
f:id:cb125250zzr250:20190721215413j:image

インスタ映えな写真撮ってみたり。インスタグラムやってないけど....
f:id:cb125250zzr250:20190721215522j:image

レトロな扇風機が天井に並ぶ。弱扇風機車(造語)

昭和60年(1985年)水戸機関区で廃車になるまでの37年間555万キロメートルを走り続けたこの電車。地球約40週分だよ。
f:id:cb125250zzr250:20190721215459j:image

貴重な電車。大事に乗ろうね。

この客車は昭和23年に日本車輌製造株式会社で作られ、国鉄常磐線経由東北線の上野〜青森間を走り続けました。とんでもない距離だよね。長い旅だったろうな。

歴史があるよね。その割にとっても綺麗な状態だと思います。

f:id:cb125250zzr250:20190721215451j:image

読書してるおじ様もいました。子供も大はしゃぎで駆け抜けていく。老若男女問わず愛されているな。
f:id:cb125250zzr250:20190721215507j:image

水道。この中には入れません。
f:id:cb125250zzr250:20190721215511j:image

名残惜しいけど、そろそろ行こう。
f:id:cb125250zzr250:20190721215439j:image

窓は解放されてるので、外の人に手を振ってみたり遊べるよ。ヤッホーってね。
f:id:cb125250zzr250:20190721215519j:image

電車の下に潜り込むのはダメだけど下を見学することはできます。

果たして無事スタンプを手に入れ、クリアファイルを手に入れることは出来るのでしょうか。

 残り1つのスタンプを求め後半に続く。

f:id:cb125250zzr250:20190723004024g:image

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村