休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

探検シリーズ:水没した秘境三井用水取入所の話

数年前のとある夏の日。特に予定のなかった私は、なんとなくネットサーフィンをしていた。

f:id:cb125250zzr250:20190127223458j:image

そうするとそう遠くない場所にとんでもなく面白そうな場所があることがわかったのだ。

三井用水取入所跡という場所だ。

なにやらもう使われていないようだが、大まかな概要はこれだ。

明治20年に完成したわが国で初の近代式水道である横浜水道創設時の取水所跡のことである。

明治30年には実質廃止になったようだが、、また、この取入所跡は、昭和60年5月に日本の近代水道発祥地の史跡として「近代水道百選」に選定されたとのことだった。

f:id:cb125250zzr250:20190127223410j:image

※まんまこの看板読んだだけです

行く前に軽くネットで調べると県道として存在していて車両は通行不可。歩行は大丈夫そうだ。写真で見る限り、結構ご高齢な方もハイキングで使用していた情報を得た。集合写真で

ほお、そこまで重装備でなくても行けそうだな。

早速出発。手間暑い日だったことは覚えている。

f:id:cb125250zzr250:20190127223725p:image

近所の公園の駐車場に停めた。これで安心して探検できる!フッ、車両が行けないっていうのは調べ済みだぜ。

f:id:cb125250zzr250:20190127223946j:image

今日の相棒はこいつだ。駐車場からそこそこ距離があったので大活躍まちがいなし。
f:id:cb125250zzr250:20190127223458j:image

坂が多くて半分は押して進むというしょぼしょぼサイクリング、、、
f:id:cb125250zzr250:20190127224422j:image

全体的に色味が緑。ユーグレナ状態。
f:id:cb125250zzr250:20190127224153j:image

この先に待ち受けている。秘境

ワクワクが止まらない

そして

f:id:cb125250zzr250:20190127224105j:image

辿り着いたのだが、岩がゴロゴロしていてとても折り畳み自転車では進める状態ではなかった!!もってくれよ!おれの脚力!!
f:id:cb125250zzr250:20190127223924j:image

誇張なしに3分後には進むことを断念していた。誰も来ないだろうけど念のため鍵をかけて徒歩移動に切り替える。
f:id:cb125250zzr250:20190127224352j:image

この非日常を見てほしい。堆積した土砂によりガードレールと同じ高さに。
f:id:cb125250zzr250:20190127224430j:image

道路なのに崖状態だ。これはたしかに自動車通行許可なんてとても出せない
f:id:cb125250zzr250:20190127224300j:image

徒歩でも怖いくらいだ。
f:id:cb125250zzr250:20190127224225j:image

もう何年も使われていないのか

f:id:cb125250zzr250:20190127224346j:image

しかしこんな状態でも現在でも書面上道路扱いのようだ。

f:id:cb125250zzr250:20190127224402j:image

自然に飲み込まれていく。

誰も手入れをしなければ人工物とはこんなものだと思い知らされる。
f:id:cb125250zzr250:20190127224410j:image
f:id:cb125250zzr250:20190127224141j:image

激しい土砂

正直この辺りから暑さもあり、かなりしんどくなってきていた!本当にこんなところを写真の方達は通ったのか?!!

20代バリバリのわいが体力なさすぎなのか!!!?

しかしかなり危険なことには間違いない!

2019年現在どうなっているのやら、、、

とにかく落石に注意した。
f:id:cb125250zzr250:20190127224416j:image

これを進むというのか、、、いくしかない!!遺跡を見るまで帰れない!

ガサガガサガサガガサ
f:id:cb125250zzr250:20190127224031j:image

隙間から覗く下界。誰も通らない山奥で汗だくになる。この間隔たまらねェ(錯乱)
f:id:cb125250zzr250:20190127224057j:image

また緑ポイントだ。

f:id:cb125250zzr250:20190127232234j:image

夏は特にすごい。当たり前の話だが探検するときはブーツや長ズボンは必ず履いておこう。蛇やヒルに注意だ。

f:id:cb125250zzr250:20190127224201j:image

比較的軽装できたことを汗だくになりながら悔やみ始める。
f:id:cb125250zzr250:20190127224040j:image

カーブミラーだ!

もう車を写すことが今後ない。寂しいカーブミラー。

しっかりとその姿を収めた。
f:id:cb125250zzr250:20190127224133j:image

自然に帰化しつつある。
f:id:cb125250zzr250:20190127224308j:image

落石により歪んでしまったのだろう。
f:id:cb125250zzr250:20190127224334j:image

f:id:cb125250zzr250:20190127224216j:image

まだまだいくぞ。なるべく奥の方を歩いて落ちないように、滑らないように。とにかく汗だくだ。
f:id:cb125250zzr250:20190127223958j:image

少し開けてきた!いい景色。

そして
f:id:cb125250zzr250:20190127224317j:image

ついに辿り着いた!!!
f:id:cb125250zzr250:20190127223953j:image

まだ問題なく歩けそうだ。入口が不気味に口を開ける
f:id:cb125250zzr250:20190127223918j:image

ギシギシ
f:id:cb125250zzr250:20190127223841j:image

まるでバイオハザードの植物園のステージ。不気味すぎる。
f:id:cb125250zzr250:20190127224010j:image

蜘蛛の巣がすごい。そして写真には取れなかったがぐんぐん階段にて降下していく。山を階段で下っていくのだ。
f:id:cb125250zzr250:20190127223937j:image

下りなのに狭く、不安定な階段にぐったり。帰りもこれを登るのかと頭をよぎったがとりあえず目的地に着いた安堵感
f:id:cb125250zzr250:20190127224232j:image

立派な石碑だ。
f:id:cb125250zzr250:20190127224111j:image

写真で見た通りの姿でそこに存在した。
f:id:cb125250zzr250:20190127223929j:image

f:id:cb125250zzr250:20190127223849j:image
f:id:cb125250zzr250:20190127224052j:image

看板はかなり綺麗だ。誰かここにきて拭いているのかな?管理している方がいるのかもしれない。
f:id:cb125250zzr250:20190127223834j:image

正直ネットの写真で見たときは全然深くないだろ!とか思っていたが大間違いだ。

f:id:cb125250zzr250:20190127231218j:image

人がすっぽり隠れてしまうほどには深い!なだらかな坂になっていたぞ。

f:id:cb125250zzr250:20190127232212j:image

素晴らしい。自然と人工物のコラボレーション。煉瓦造り。
f:id:cb125250zzr250:20190127232220j:image

f:id:cb125250zzr250:20190127232204j:image

この先に進みたかったが、本当に大きな女郎蜘蛛が鎮座していて進めなかった。

行くなと言われているような気がした。

中心に大きな巣を張っていて壊すのも気が引けたので、探索はここまでだ。

引き返す道にて

f:id:cb125250zzr250:20190127224123j:image

え、、、

f:id:cb125250zzr250:20190127231440j:image

ひええええ。どうやら貯水量によってはここまでダムの水で水没してしまうようだ。

天気によっては絶対近寄ってはいけないスポットだ。
f:id:cb125250zzr250:20190127223909j:image

これが噂の遺構!しかしこの日はあいにく水位が高い、、他のものはあまり見れなかった。

湖の色が濃いからそんな気はしていたんだ、、
f:id:cb125250zzr250:20190127224017j:image

水中で揉まれたのか木はまるで海におちている流木状態でツルツルだ。
f:id:cb125250zzr250:20190127224023j:image

しかしかなり貴重な体験だ。

ゴールの地点としても申し分なくて満足度が高かったね。

f:id:cb125250zzr250:20190127223759j:image

素晴らしい景観。自動車も通ることのできる一車線の橋だけでもいく価値はありそうだ。

何年か前の思い出を呼び起こしつつ書きながら

、また行ってみたいスポットだと書いていて再度実感した。

 

おわり