休日ぶらぶら散歩ブログ

休日ぶらぶら散歩ブログ

探検、散歩、購入した物などをツラツラ書いていきます。

【東京都奥多摩】川野ロープウェイ廃墟

 前置き

今回は東京都西多摩郡奥多摩町にある廃墟の記事です。

学生時代から何度も訪れた探検の始まりといっても過言ではない。

奥多摩湖レストセンターにある【川野駅】と対岸にある【三頭山口駅】をつなぐロープウェイの廃墟です。

1960年代まで現役だったが、地元の人曰く社長が居なくなってしまったなどの原因もあり、現在でも取り壊されることなく残存している貴重な廃墟だ。

荒廃したノスタルジックな雰囲気に癒されたい。

 

 

アクセス

f:id:cb125250zzr250:20190505161215j:image

レトロな灰皿がある。昭和の香りがする。

f:id:cb125250zzr250:20190505093553j:image

知っている人は既に知っているかもしれないが、なんと駐車場の公衆トイレがもう無くなっていた。

昔からバイクで来た時などは一息つくのに立ち寄っていたが....

f:id:cb125250zzr250:20190505093526j:image

早速遺構が出迎えてくれた。

当時の鉄塔である。現在もしっかり残っている。

ロープウェイの入り口

 

f:id:cb125250zzr250:20190505160956j:image

道路からアクセスする。

こちらの階段を登ろう。滑りやすいので注意が必要だ。

もちろん階段に手すりなどはない。
f:id:cb125250zzr250:20190505093614j:image

歩いてすぐにたどり着く。

このアクセスのしやすさが川野ロープウェイの人気の秘密だと思われる。

通常とんでもない山奥や険しい獣道を藪漕ぎしないとそうそうお目にかかれない。

ロープウェイ本体と乗り場

 

f:id:cb125250zzr250:20190505093727j:image

実はこの日も撮影機材を持ち込んでいる方2名が既に来訪していた。
f:id:cb125250zzr250:20190505093439j:image

近年このロープウェイの扉に落書きをした人がいたようだが、扉の落書きは綺麗に消され、当時の姿を維持できている。f:id:cb125250zzr250:20190505093558j:image

奥多摩湖がひっそりと見える。

当時はここを往き来していたんだ。
f:id:cb125250zzr250:20190505093603j:image

壁にはグラフィティが。

この壁のグラフィティは前回来た時から違うものとなっている。

機械室内部

 

 

f:id:cb125250zzr250:20190505093503j:image

ここは機械室。現役稼働していたらまずお目にかかれないカラクリを見せてもらおう。
f:id:cb125250zzr250:20190505093716j:image

大きい滑車。
f:id:cb125250zzr250:20190505093459j:image

砂防堰堤をのような形の遺構。仕組みは全くわからないが、大きな滑車が印象的だ。

f:id:cb125250zzr250:20190505162340j:image

おそらく稼働時はかなりの轟音だったに違いない。
f:id:cb125250zzr250:20190505162335j:image

f:id:cb125250zzr250:20190505162331j:image

貼られたワイヤーは相当丈夫なのか今でもそのままだ。
f:id:cb125250zzr250:20190505162327j:image

これはなんのためにあったのだろうか。
f:id:cb125250zzr250:20190505162344j:image

反対側からも見学。

駅構内

 

f:id:cb125250zzr250:20190505093425j:image

陽の当たらないところは本当に暗い。

しかし日中の探索ではライトはほぼ不要だ。

従業員休憩室は薄暗いのでくまなく見たい人は懐中電灯も持参しよう。

f:id:cb125250zzr250:20190505093631j:image

壁はボコボコに穴が空いている。
f:id:cb125250zzr250:20190505093417j:image

当時は観光客で賑わっていたに違いない。
f:id:cb125250zzr250:20190505093355j:image

これ当時来訪した時はなかったな。

誰かが交換ノートを置いたのだろうか。

書き込みを見る限りほぼ連日人が訪れていることがわかる。

今でも裏名所として活躍している。

駅改札


f:id:cb125250zzr250:20190505093508j:image

ここに一列に並ぶのだろう。
f:id:cb125250zzr250:20190505093707j:image

今は静まり返っている。
f:id:cb125250zzr250:20190505093421j:image

カウンターにはなぜか花束が....

カラカラになっている。

f:id:cb125250zzr250:20190505093627j:image

乗車人数最大36人

かなりの重量まで耐えられる設計のようだ。

五年足らずで運行が終わってしまったのが悔やまれる。

経営難だったのか?
f:id:cb125250zzr250:20190505093530j:image

朽ち果ててボロボロだ。
f:id:cb125250zzr250:20190505093516j:image

ライト遺構

屋上へ


f:id:cb125250zzr250:20190505093647j:image

屋上へ続く階段。

まだまだしっかりしている。

f:id:cb125250zzr250:20190505093721j:image

壁は抜けてしまっている。
f:id:cb125250zzr250:20190505093657j:image

屋上は植物に覆われていた。

夏はこの先に一切いけないほど草だらけになるが、この季節は奥までいけそうだ。
f:id:cb125250zzr250:20190505093412j:image

土が堆積してぬかるんでいる。

進んでみよう。
f:id:cb125250zzr250:20190505093703j:image

奥多摩湖が望める。
f:id:cb125250zzr250:20190505093350j:image

際ほどの駐車場の鉄塔だ。f:id:cb125250zzr250:20190505093344j:image

引き返そう。

バイオハザード1の植物園のステージのようだ。
f:id:cb125250zzr250:20190505093537j:image
f:id:cb125250zzr250:20190505093624j:image

トイレ


f:id:cb125250zzr250:20190505093636j:image

トイレ便器は壊れている。
f:id:cb125250zzr250:20190505093434j:image

何も匂いはしない。

最後に一周

f:id:cb125250zzr250:20190505093444j:image

割れたガラス
f:id:cb125250zzr250:20190505093359j:image

抜かれた壁
f:id:cb125250zzr250:20190505093429j:image

機械室の配電盤?
f:id:cb125250zzr250:20190505093609j:image

もう誰も乗らないロープウェイ
f:id:cb125250zzr250:20190505093547j:image

駅名看板
f:id:cb125250zzr250:20190505093450j:image

駅先にあるガイドレール。
f:id:cb125250zzr250:20190505093712j:image

とてもきれいに残っている貴重な廃墟です。 

絶景! 日本全国ロープウェイ・ゴンドラコンプリートガイド

 

おわり